「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強いチームには名助っ人アリ!東京ヤクルトスワローズの歴代外国人!

2016 11/25 20:06
ホームラン
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://middle-edge.jp/

ヤクルトスワローズというチームには何かと印象に残る活躍をする助っ人外国人選手が多い。タイトルを獲得した選手もたくさんいる。今回はそんなヤクルトスワローズ歴代外国人選手を紹介していこう。

ヤクルト歴代最強外国人 ロベルト・ペタジーニ

まずはロベルト・ペタジーニを紹介する。99年にヤクルトに入団以降毎年のように松井秀喜とタイトル争いをしていた、ヤクルト史上最高の助っ人と名高い選手だ。特に00?02年までの3年間は

00年:本塁打王:松井秀喜42本 打点王:松井秀喜108打点 (首位打者:金城龍彦.346) ※ペタジーニは36本96打点
01年:本塁打王:ペタジーニ39本塁打 打点王:ペタジーニ127打点 首位打者:松井秀喜.333 ※松井秀喜は36本108打点
02年:本塁打王:松井秀喜50本塁打 打点王:松井秀喜109打点 (首位打者:福留孝介.343) ※ペタジーニは41本94打点

という熾烈な戦いを繰り広げていた。特にペタジーニが2冠を達成した01年には、近鉄との日本シリーズを制し見事日本一に貢献。まさに記憶にも記録にも残る選手だ。

助っ人外国人の枠に収まらない活躍 アレックス・ラミレス

まずは2015年からDeNAベイスターズの監督としてもおなじみのアレックス・ラミレスだ。2016年のAクラス入りは見事なものだ。選手としては01年にヤクルトに入団すると、主に6番・7番を務め、稲葉・ペタジーニ・古田のクリーンナップの後ろを担う恐怖の下位打線を形成する。 ペタジーニが移籍して以降は4番として活躍。特に03年は.333 40本 124打点の成績を上げ、あわや3冠王という成績を残した(この年の首位打者は今岡誠の.340)。巨人へ移籍後も活躍をつづけ、引退までに首位打者1回、本塁打王2回、打点王を4回獲得する。
しかしこの人は成績だけでは語れないだろう。ホームランを打った時のパフォーマンスは、毎年のようにアレンジが加えられ、ファンを楽しませてくれた。人間性も素晴らしく、球団や国籍の枠を超えて、彼を慕ってアドバイスを求める選手もたくさんいる。

おすすめの記事