「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉西武ライオンズの歴代名助っ人外国人たちを振り返る!

2016 11/25 20:06
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

埼玉西武ライオンズの歴代助っ人外国人というと誰を思い浮かべるだろうか?おそらく世代によって出てくる名前は違うかと思うが、それだけ各時代に名助っ人がいたということだ。今回はそんな彼らの中から5人を紹介したいと思う。

当時のNPB記録の55本塁打を記録!アレックス・カブレラ

まずはアレックス・カブレラを紹介しよう。当時の日本記録だった55本塁打を記録した選手だ。1年目となる01年のシーズンから49本塁打を放つなど規格外のパワーを見せつけていたが、やはり圧巻だったのは02年のシーズンだろう。
この年は腰痛もあって128試合にしか出場していないにも関わらず、圧倒的なパワーでホームランを稼いだ。最終的な成績は.324 55本 115打点。1.0を超えると一流の打者といわれているOPS(出塁率+長打率)は驚異の1.223!とんでもない打棒を見せていた(参考:2016シーズンOPSトップは筒香の1.110)。
またこの02年にはリーグ優勝、04年には日本一に貢献したというのもポイントが高い。ちなみに今年で44歳ながらいまだ現役で、ベネズエラウィンターリーグの15~16シーズンでは本塁打王と打点王の2冠を獲得している。

史上初の両打ち本塁打王!オレステス・デストラーデ

続いて紹介するのは西武黄金期の助っ人外国人、オレステス・デストラーデだ。89年の途中に入団してきたので、1年目は83試合しか出場していないのだが、それでも32本塁打で81打点とパワーを見せつける。 そして翌年からはいよいよフルシーズンで活躍、その成績をまとめると

90年: .263 42本 106打点 本塁打王・打点王
91年: .268 39本 92打点  本塁打王・打点王
92年: .266 41本 87打点  本塁打王

という見事なもの(両打ち選手の本塁打王獲得はNPB初)。しかもこの3年間、チームはすべて日本一。まさに優勝請負人と呼ぶにふさわしい助っ人外国人だろう。

おすすめの記事