「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックスバファローズ(近鉄・阪急時代含む)歴代外国人選手を振り返る!

2016 11/25 20:06
ホームラン
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

オリックスバファローズの歴代名助っ人外国人というと誰を思い浮かべるだろうか?もしかすると近鉄バファローズやオリックスブルーウェーブ(阪急ブレーブス)で活躍した選手を思い浮かべる方もいるかもしれない。そんな名助っ人外国人たちを3人紹介していく。

01年近鉄優勝の立役者! タフィ・ローズ

タフィ・ローズは96年~03年まで近鉄バファローズ、07年~09年までオリックスバファローズでプレーした、バファローズを代表する助っ人外国人選手だ。
やはり印象的なのは01年の活躍だ。パリーグでは初となる55本塁打を放ち、当時王貞治さんが持っていたシーズン日本記録に並ぶ。惜しくも記録更新はならなかった、シーズンでは12年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。中村紀洋との3番・4番コンビは、球史でも屈指の破壊力だった。

球史に残る通算成績

その後07年にオリックスバファローズへ再入団。初年度から40本塁打を放ってかつてと変わりない打棒を見せると、08年には40歳ながら118打点で打点王のタイトルを獲得。ケガもあって翌年には退団してしまうが、NPB通算13年で記録した1792安打は、レロン・リーの外国人通算安打数記録である1579安打を大幅に更新する。通算464本塁打はNPBでも歴代13位、1269打点は同19位の記録だ。
2015年からはかつての同僚、吉岡雄二が監督を務めるBCリーグの富士サンダーバーズへ選手兼任コーチとして入団。今年は試合に出場せずにコーチに専念していたようだが、昨年は41試合で.315 5本塁打 37打点という活躍を見せていた。

おすすめの記事