「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

記憶にも記録にも残る!千葉ロッテマリーンズの歴代名助っ人外国人たち

2016 11/25 20:06
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://number.bunshun.jp/

現在のロッテではデスパイネが大きな活躍を見せているが、昔からロッテには名助っ人外国人選手がたくさんいてチームの勝利に貢献してきた。今回はそんな記憶にも記録にも残る外国人選手たちを紹介していく。

70年代後半?80年代前半のロッテを支えた助っ人外国人兄弟

まず紹介するのは70年代後半?80年代前半にかけてロッテを支えたレオン、レロン・リー兄弟だ。まず来日したのは兄レロンの方。77年のシーズンからロッテで活躍し、1年目からいきなり.317 34本塁打 109打点の大活躍。本塁打王と打点王を獲得する。そして翌年からは弟のレオンも入団し、2人そろってロッテの中心打者として活躍するのだ(ちなみに登録名は兄が『リー』、弟が『レオン』)。
圧巻だったのは80年。この年の2人の成績を見てみると

兄レロン: .358 33本 90打点
弟レオン: .340 41本 116打点

2人だけで74本206打点も稼いでしまったのだ。この年にはミスターロッテこと有藤道世や2年目の落合博満、晩年の張本勲なども在籍しており、超強力打線の一端を担った。

歴代屈指の成績を残した兄レロン、監督も務めた弟レオン

レロンの方はその後も87年までロッテで活躍。11年間で1579安打、283本塁打を記録した。この安打数は08年にタフィ・ローズに抜かれるまで、外国人選手としては歴代最多記録だった。しかし、やはり特筆すべきは打率だろう。11年間で9度の3割を記録。通算打率.320というのは、4000打席以上の選手の中ではいまだNPB最高記録だ。
レオンの方は、83年から大洋ホエールズ、86年からはヤクルトスワローズと3球団を渡り歩き渡る。しかしどの球団でも安定した成績を残し、87年までの10年間で8度の3割を記録。通算本塁打は268本塁打と、兄に負けないほどのパワーを発揮してくれた。03年にはオリックスの監督を務めていた時期もあった。 また成績もさることながら人柄も非常によく、特に後輩には彼らを慕って指導を仰ぐ人も多かったそうだ。ファンからの人気も高く、この辺りもロッテ史上最高の助っ人と呼ばれる所以なのだろう。

おすすめの記事