「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道日本ハムファイターズの歴代外国人を振り返る!

2016 11/25 20:06
野球、打者
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

絶望的とも言える11.5ゲーム差を見事にひっくり返した2016年の北海道日本ハムファイターズ。大谷翔平はもちろん外国人選手がしっかりと活躍し優勝を手にした。そんな北海道日本ハムファイターズの歴代外国人選手を紹介する。

パワー抜群!トニー・ソレイタ

北海道に移転する前の1980年にトロント・ブルージェイズからやってきたトニー・ソレイタは、1年目から45本のホームランを放つなどメジャーリーガーのパワーを見せつけてくれた。打率.239と低く三振も121とリーグ最多で三振かホームランという典型的な”ぶんぶん丸”だった。しかし、2年目は打率.300、44本、108打点でホームラン、打点の二冠王に輝く。日本ハムファイターズには1983年まで在籍し4年間で155本のホームランを放った。現役を引退後は故郷で公務員をしていたがトラブルに巻き込まれ射殺されている。

ヤンキースのドラフト1巡目!マット・ウインタース

1978年MLBドラフトでニューヨーク・ヤンキースから1巡目に指名されたマット・ウインタースは、12年後に日本ハムファイターズへやってきた。メジャーリーガーとしては芽が出なかったマット・ウインタースだが日本ハムファイターズでは1年目から35本塁打を放つなど大活躍を魅せてくれた。来日から5年で160本のホームランを放ち下位に低迷していた日本ハムファイターズを支えた。また過剰なほどのファンサービスでファンからも親しまれていた。現在は現役を引退して北海道日本ハムファイターズのスカウトを行っている。

おすすめの記事