「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売ジャイアンツの歴代助っ人外国人を振り返る!

2016 11/25 20:06
野球、選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sanspo.com/

高橋由伸新監督となり新たな体制で2016年シーズンに臨んだ読売ジャイアンツだが、リーグ優勝は果たせなかった。新外国人のギャレット・ジョーンズという大砲が、及第点の活躍を見せたが大当たりとは行かなかった。そんな読売ジャイアンツの歴代外国人選手を振り返る。

陽気なアメリカン!ウォーレン・クロマティ

1980年代半ばから1990年代初頭にかけて読売ジャイアンツの中軸を支えたウォーレン・クロマティは、巨人史上最高の助っ人の一人として名前が挙がる。ウォーレン・クロマティは来日2年目に当たる1985年から1989年まで打率3割をキープし、1989年には打率.378で首位打者も獲得している。この年はNPB史上初の4割打者が誕生する可能性もあり、非常に盛り上がった年でもある。また、短気なところもあり乱闘騒ぎで退場になるなどお騒がせな助っ人でもあった。

元祖アジアの大砲 呂明賜

台湾から1988年にやってきた呂明賜は、外国人枠の関係で一軍出場の機会がなかなかなかった。しかし、ウォーレン・クロマティが負傷した際に一軍出場のチャンスを掴むと初打席初本塁打を放つ。その後も17試合で10本塁打と大器の片鱗を見せつけた。この年、二軍のジュニアオールスターゲームと一軍のオールスターゲーム両方に出場している。その後は相手球団から対策を建てられたこともあり大きな活躍はできずに1991年シーズンで退団となる。

おすすめの記事