「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2015年優勝の原動力となった東京ヤクルトスワローズ強力ブルペン陣たちの今

2016 11/25 11:06
野球、球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

2015年14年ぶりの優勝を飾った東京ヤクルトスワローズ。 優勝の原動力となったのは”強力打線”そして”強力ブルペン陣”です。 その強力ブルペン陣で昨シーズンに活躍した4名の現在を追ってみたいと思います。

トニー・バーネット

2015年クローザーとして1年を通じて活躍したトニー・バーネットは、2016年現在ダルビッシュ有の所属するテキサス・レンジャーズでリリーフとして活躍しています。
シーズン当初は試合に影響のない場面での登板が多かったバーネットですが、結果を残すと重要な場面での登板も増えてきました。短いイニングはもちろん、回跨ぎ、そして連投もこなす万能なリリーバーとしてレンジャーズのブルペン陣を支えています。 7月には10試合で1点も許さない投球を見せ、チームに貢献しました。レンジャーズでも優勝し、バーネット自身も2連覇を達成してもらいたいものですね。

ローガン・オンドルセク

バーネットが退団し、今シーズンはクローザーを任されていたローガン・オンドルセクですが、7月半ばに首脳陣を批判したため、謹慎処分を経てからチームを退団してしまいます。 その後、メジャーリーグに復帰し、アメリカンリーグ東地区で首位争いをしているボルチモア・オリオールズと契約。7月末からオリオールズに合流して、中継ぎとしてすでに試合でも投げています。 首脳陣批判のために退団という残念なお別れではありましたが、新天地での活躍を見守りたいですね。オンドルセクも個人的な2連覇を期待きそうです。

おすすめの記事