「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球界に増えてきたハーフ選手たち

2016 11/19 13:39
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Nor Gal/Shutterstock.com

近年、ダルビッシュ有(テキサスレンジャーズ)、オコエ瑠偉(東北楽天ゴールデンイーグルス)といったハーフ選手の躍進が目覚ましくなっている。 そこで現在、日本プロ野球で活躍しているハーフの選手をご紹介していく。

ナイジェリア×日本 オコエ瑠偉

東北楽天ゴールデンイーグルスの2015年ドラフト1位ルーキーであるオコエ瑠偉は、素材型と見られていた。しかし、同期高卒新人たちの中で唯一、開幕一軍スタートを切っている。試合に出場しながら修正点を見つけ、練習で改善していくその姿勢は評価されている。
ナイジェリア人の父と日本人の母の間に生まれたオコエ瑠偉は、アフリカンならではのバネや身体能力が備わっているはずだ。2016年は一軍、二軍の往復が多いが、今後一軍に定着して1番センターを任される日も近いのではないだろうか。そして、お客さんを呼べる”スター性”も備わっているように思える。

アメリカ×日本 乙坂智

昨シーズンから一軍に定着し、外野でレギュラーを争う乙坂智(横浜DeNAベイスターズ)も、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフで端正な顔立ちから人気も高い。
乙坂智は今シーズン、スタメンで出場することもあったが、基本は代打及び守備固めだ。レギュラー奪取にはもうひと回り大きくならなければならない。横浜DeNAベイスターズの外野は筒香嘉智、梶谷隆幸が固定され、残りの一枠を乙坂智、桑原将志、関根大気などの若手で争っている。その中で一歩抜きん出るために、走攻守すべてにおいてのレベルアップが必要かもしれない。

おすすめの記事