「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2015年ドラフト1位の高校生たちの今シーズン

2016 11/19 22:39
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sanspo.com

2015年のドラフト会議で指名されたドラフト1位の高校生たち4名。彼らは18歳で高校を卒業してプロ野球の世界に飛び込み、初めて経験するプロの壁を痛感しながらも日々鍛錬に励んでいる。そんな彼らが、プロ入り後どのような成績を残しているのか振り返ろう。

スター候補生!”オコエ瑠偉”

東北楽天ゴールデンイーグルスは1位で平沢大河を指名したが、千葉ロッテマリーンズと競合して抽選で外してしまう。そこで指名したのがオコエ瑠偉選手だった。
甲子園で注目され、一気にドラフト1位まで駆け上がった素材型の大器と見込まれていた。しかし、素材型であるという予想をいい方向に裏切り、1年目のオープン戦から一軍に帯同して開幕一軍切符を手にした。
守備固め、代走での起用が多い中、日々経験を積み、安打、打点、本塁打、盗塁と着実にステップアップしている。まだまだレギュラーを取るほどではないが、来シーズン以降への期待を感じさせる活躍を見せているといえるだろう。

素質はピカイチ!”平沢大河”

当初は、ドラフト前は仙台育英高校出身ということもあり、東北楽天ゴールデンイーグルスとは相思相愛と言われていた。しかし、ドラフト会議では千葉ロッテマリーンズも1位で平沢大河を指名したため抽選となってしまう。そして、平沢大河のくじを引き当てたのは千葉ロッテマリーンズだった。
2016年オープン戦では一軍に帯同したものの、開幕は二軍スタートだった。初めて一軍に呼ばれたのはGW明けだ。守備で初の一軍の試合に出場し、随所にいいプレーを見せ、素質の高さをうかがわせてくれる動きをしている。
2016年は一軍、二軍を往復しながらプロの打撃、守備を学び、翌年以降のレギュラー奪取が期待される。

おすすめの記事