「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名選手列伝!千葉ロッテマリーンズの歴代名ピッチャーは誰だ?

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

歴代の名ピッチャーたちを知りたいと思ったことはないだろうか? 今回は千葉ロッテマリーンズの歴史に残る名ピッチャーを紹介する。

”サンデー兆治”村田兆治

”サンデー兆治”こと村田兆治は、まず外せないだろう。マサカリ投法から繰り出されるフォークボールで三振の山を築き、最多奪三振を4度記録している。
1983年には、ヒジの故障で現在では当たり間のようになっているトミージョン手術を受けた。リハビリ期間を経て1985年に本格復帰。故障箇所への影響を考慮して、当時としては珍しい中6日の登板が続くが、それが日曜日だったこともあり”サンデー兆治”と呼ばれるようになったのだ。
通算215勝を挙げて名球会に入っているが、成績よりも故障からの復帰を取り上げられることが多い記憶の人と言えるだろう。現在は66歳だが、始球式で130キロを超える投球を見せるなどまだまだ元気だ。来年は村田兆治の始球式にも注目してみてはいかがだろうか。

完全試合男!”八木沢荘六”

甲子園優勝投手の実績を持ち、早稲田大学で3度優勝して鳴り物入りで入団してきた八木沢荘六も名ピッチャーと呼べるだろう。
中継ぎとしての起用が多く、勝利数や奪三振数で目立った成績を残しているわけではない。タイトルは1973年の最高勝率ただ1つだが、この最高勝率を取るためには規定投球回への到達が必要だった。中継ぎ登板の多い八木沢荘六は、規定投球回に達していなかったため、10月に入ってから先発登板。その登板でなんとプロ野球史上13人目の完全試合を達成する。この登板で規定投球回にも届き、最高勝率のタイトルも獲得したのだ。
その後、先発、中継ぎとチーム事情により役割は変わるが、13年間にわたり活躍した。引退後は千葉ロッテマリーンズの監督も務めている。

おすすめの記事