「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【歴史を彩る名選手】福岡ソフトバンクホークスを支えたピッチャー

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://mainichi.jp/

ホークスの歴史を振り返る上で、この名選手だけは必ず押さえておきたい! チームを支えた頼れる4人のピッチャーを紹介する。

最後のシーズン30勝ピッチャー?皆川睦雄

福岡ソフトバンクホークスの前身である、南海ホークス時代に在籍していた皆川睦雄さん。球団記録となる221勝を達成したピッチャーだ。日本プロ野球界において、1シーズンで30勝を挙げた最後の選手でもある。
皆川さんは入団当初オーバースローだった投げ方を、肩の怪我をきっかけにアンダースローに変更。これが功を奏し、3年目のシーズンから安定した成績を残せるようになった。そして、1968年にシーズン30勝を達成するのだ。

余命3ヶ月の名選手、病と戦った炎の中継ぎ?藤井将雄

福岡ソフトバンクホークスには忘れてはいけないピッチャーがいる。前身であるダイエー時代に「炎の中継ぎ」と呼ばれ活躍した藤井将雄さんだ。
1999年に当時のパ・リーグ最多ホールド記録を達成し、ホークス優勝の立役者となった。しかし翌年、余命3ヶ月の末期肺癌に侵されていることが発覚(本人には知らされず)。入退院を繰り返す中、チームのV2達成を見届けた6日後に帰らぬ人となってしまう。 わずか31歳の若さで亡くなった藤井さんの背番号15は、現在でも準永久欠番として大切に語り継がれている。

おすすめの記事