「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名選手列伝!東京ヤクルトスワローズの歴代名ピッチャーは誰だ?

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

歴代の名ピッチャーたちを知りたいと思ったことはないだろうか? 今回は東京ヤクルトスワローズの歴史に残る名ピッチャーを紹介する。

伝説の大投手”金田正一”

日本プロ野球界歴代最多の400勝をマークした金田正一を外すことはできないだろう。 金田正一は、東京ヤクルトスワローズの前身である国鉄スワローズで353勝をマークしている。1950年代にもかかわらず、スポーツ医学を経験でまとめ上げた逸話が残っているほど体のケアを十分にしていた。そういった努力があってこその400勝という大記録なのだろう。
また、長嶋茂雄のデビュー戦で4打席4三振を奪ったシーンは今でも語り草となっている。打撃も上手で、通算38本塁打を放っており、代打で出場することもしばしばあった。

初優勝の立役者”松岡弘”

1978年にヤクルトスワローズが初の日本一に輝いた時のエースである松岡弘も、歴代の名ピッチャーに間違いなく入ってくるだろう。
ヤクルトが優勝した1978年、松岡弘は投手タイトルを獲得していないにもかかわらず沢村賞を受賞する。日本シリーズでは阪急ブレーブスとの死闘を制し、勝ち試合にすべて登板していたタフネス右腕でもあった。 速球派として知られる松岡弘には、長嶋茂雄も一目置いており、「江夏よりも松岡の方が球が速かった」と語っていたようだ。2016年7月19日に行われた神宮球場90周年記念試合では始球式を務め、まだまだ元気な姿をファンに見せてくれた。

おすすめの記事