「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大記録を生む名選手の数々!阪神タイガースの名ピッチャー3人

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

六甲おろしの大声援の中、聖地・甲子園をホームにするタイガース。これまで数々の記録を打ち立ててきた選手たちは、ぜひとも知っておきたいところだ。 今回は阪神タイガースの名ピッチャー3人を紹介する。

ミスタータイガース!藤村富美男

1936年に当時の大阪タイガースに入団し、戦前からプロ野球創成期に活躍した藤村富美男選手。タイガース初の公式戦で完投勝利を収めただけでなく、投手でありながら初代ホームラン王に輝いた。
その後、内野手に転向し、当時最強と言われた「ダイナマイト打線」で不動の4番打者として定着。日本プロ野球史上初のサイクル安打も記録した。試合中盤にはリリーフ投手として登板、選手兼任監督も担った時期もあり、二刀流ならぬ三刀流の活躍をみせた藤村選手。このような大活躍によって、関西のファンから「ミスタータイガース」の愛称で親しまれることとなった。
専任監督や現役選手への復帰など紆余曲折を経て1959年に引退。背番号10は阪神タイガース初の永久欠番とされ、1974年に野球殿堂入りを果たした。

戦後最強の投手!村山実

1959年から当時の大阪タイガースで活躍した村山実投手。プロ初登板は前述の藤村選手の引退試合だった。その年、ルーキーイヤーながらも最優秀防御率と沢村賞のタイトルを獲得する大活躍。1962年の日米野球(デトロイト・タイガース戦)では日本人初の完投勝利を果たし、1970年には選手兼任監督ながらも防御率0.98と戦後唯一の防御率0点台を記録した。
その後、1972年に現役を引退。200勝達成以外にも、通算防御率2.09(セ・リーグ記録)、通算WHIP0.95(日本記録)、沢村賞3回受賞(歴代最多タイ)など、現在まで残る大記録を残している。
藤村選手の引退後にエースとなった村山投手は、藤村選手の跡を継いで「二代目ミスタータイガース」と呼ばれ、背番号11が永久欠番となり、1993年に野球殿堂入りを果たしている。

おすすめの記事