「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売ジャイアンツの名選手【ピッチャー編】

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

12球団でも歴史と伝統が深い球団である読売ジャイアンツの名投手について知りたいとは思わないだろうか。 本稿では、読売ジャイアンツの名投手について説明する。

最高の防御率、藤本英雄投手

まずはチームの黎明期に活躍した藤本英雄投手について説明する。
藤本投手は、1942年にジャイアンツの前身となった東京巨人軍に入団すると、すぐに主戦投手となって大活躍する。 その後も1年間、中部日本ドラゴンズ(現・中日ドラゴンズ)でプレーした以外は、巨人でプレーすることになり、多くのタイトルを獲得したのだ。 藤本投手が残した通算防御率「1.90」は、現代のプロ野球においても歴代1位の記録として残っている。

速球王・江川卓投手

次は、アマチュア時代からインパクトを残した江川卓投手だ。 作新学院時代からその速球を注目されていたが、特に彼に注目していたジャイアンツへの入団を熱望し、最終的には一時的に阪神タイガースにドラフト入団することでトレード移籍した。
現役時代は数々のタイトルを獲得し、オールスターゲームにおけるパリーグの8打者連続三振など、いくつものインパクトのある活躍を続けたが、残念ながら早期に引退を決断してしまった。

おすすめの記事