「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新球団でも多くの名選手!東北ゴールデンイーグルスの名バッター4人

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.nikkansports.com/

2012年に初の日本一となった楽天。ぜひこれまでの名選手を知りたいという方も多いと思う。 そこで今回は、楽天を代表する名バッター4人を紹介する。

楽天史上最高のホームランバッター!山崎武司

山崎武司選手は、球団創設当初の2005年から2011年まで楽天に所属していた。高校通算で56本のホームランを記録するなど、プロ入り前から長打力に定評のあった選手だ。
1987年に中日ドラゴンズに入団し、主に左撃手と一塁手として活躍。1996年にセ・リーグ本塁打王に輝いて以降、数々のタイトルや記録を打ち立ててきた。
2002年にはトレードによってオリックスブルーウェーブに移籍するも、2004年に戦力外通告。ちょうど翌年から参入する楽天に入団することになった。
楽天時代には史上102人目の通算1500本安打、17人目の通算400本塁打を記録したほか、40歳を超えながらもオールスターゲーム出場やタイトル獲得を果たすなど、チームの中軸を担ってきた。その後、2012年に中日に復帰し、翌年現役を引退している。

走攻守すべてに優れたメジャー帰りの男!松井稼頭央

日本人初の内野手メジャーリーガーとして、2004年にアメリカのニューヨーク・メッツに移籍したことでも知られる松井稼頭央選手。
高校時代は大阪の名門・PL学園で投手として活躍していたが、怪我の影響もあって野手として西武ライオンズに入団。プロ3年目にスタメンとして守備の要である遊撃手を任された。打率や安打数も好調で、特に盗塁に関しては高い成功率を誇り、盗塁王、オールスターでの1試合4盗塁(2度の三盗)、シーズン盗塁成功率100%などの記録を樹立。
2004年にメジャー移籍後も安定した打率と盗塁で活躍し、ロッキーズやアストロズで計7年間プレーした。2011年に楽天に移籍してからは、キャプテンとしてチームを率いたり、2013年の球団初の日本一に貢献するなど、技術面、精神面でチームを支える存在だ。昨年には通算2000本安打など数々の通算記録を達成するなど、40代を迎えた現在でも活躍を続けている。

おすすめの記事