「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉西武ライオンズの名選手?語り継ぎたいあのバッター

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.daily.co.jp/

ライオンズ球団史に残るバッターを知りたいという人も多いと思う。 ここでは他球団に誇る強打者を紹介する。

野球選手離れした身体能力を誇った秋山幸二選手

秋山幸二選手は、3割30本塁打30盗塁の「トリプルスリー」を達成している。正に「走攻守」三拍子揃った選手だった。10年連続30本塁打という記録を達成したホームランバッターだったが、30盗塁も3度達成した俊足の持ち主でもあった。
高校時代は投手だったことから、西武時代は主にセンターを守り、その強肩は他球団の脅威となっていた。秋山選手の身体能力の凄さを語る上では、1986年日本シリーズ広島戦で本塁打を放った時のバック宙でのホームインが有名だ。バック転やバック宙を体の大きな野球選手がやるということが、いかに身体能力が優れていたかを証明するエピソードになっている。

若き4番として君臨した清原和博選手

清原和博選手は、入団時のドラマや引退後の不祥事などもあったが、通算成績からも素晴らしい強打者であったことは間違いない。
高卒入団1年目から打率.304、31本塁打という成績を残す。この本塁打数は、高卒ルーキーながら新人選手のタイ記録という、近年では想像しがたい成績だった。その後、西武在籍の12年間連続で20本塁打以上を放つ。タイトルにこそ恵まれなかったが、打点や出塁率も高水準で安定した成績を維持し、西武の4番に君臨し続けた。また、お祭り男としても知られ、オールスターゲームでは史上2番目となる通算13本塁打を記録した。

おすすめの記事