「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名選手の隠れた宝庫、千葉ロッテマリーンズの名バッター6人

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://toyokeizai.net/

特徴的な応援スタイルや、毎年恒例になった交流戦挑発ポスターなどでおなじみだが、どんな名選手がいるか知りたい方も多いのではないだろうか。 今年、千葉移転25周年を迎えた節目に、6人の名バッターを紹介する。

幕張のファンタジスタ、初芝清選手

千葉ロッテがまだロッテオリオンズと呼ばれていた頃から主軸だった選手だが、いつもとんでもないことが話題になっていた。たとえば「理髪店で店主にブリーチを勧められ、知らずにやってもらった」「サードフライが上がると、おぼつかない足取りで取りに行く姿で笑いと悲鳴が上がる」などだ。
しかし、勝負強い打撃とここぞという場面で魅せる神がかり的なプレーで、ファンの記憶に残る選手だった。特に、現役引退を表明していた2005年のソフトバンクホークスとのプレーオフ第5戦、8回表に打ったボテボテのゴロがショートとサードの交錯によって内野安打となり、その後の逆転劇を引き寄せたシーンは、今でも語り草になっている。

初芝清選手と双璧を担った、堀幸一選手

前述の初芝選手と共に、低迷期から千葉ロッテを支えてきたのが堀幸一選手だ。走攻守の三拍子そろい、主にセカンドだったが、外野やサード・ショートも守れるユーティリティープレイヤーだった。
器用さもありつつ、4番を打つだけの長打力もあったため、ボビー・バレンタイン監督がメジャーに連れて帰りたいと嘆いたほどだった。実際、堀選手がFA権を取得した際、当時ニューヨークメッツを指揮していた監督からオファーがきたほどだったが、これは実現しなかった。 2010年に戦力外通告となり、トライアウト後に引退を表明した。

おすすめの記事