「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【語り継ぎたい名選手】オリックス・バファローズを支えたバッターたち

2016 11/10 19:16
>バッターⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

【バファローズ】ミスター・フルスイング!豪快なバッター?中村紀洋

生涯現役を貫き、近鉄バファローズで活躍した中村紀洋選手。メジャーを含めた数々の球団を渡り歩き、彼の特徴であるフルスイングでファンを魅了した。 1992年のドラフトで近鉄バファローズへ入団した中村選手。1998年にはホームラン数30本以上を達成。その後も5年連続で30本以上を記録するなどの活躍を見せた。
また、中村選手はバッターとしてだけではなく、守備の能力もピカイチ。その守備力は、ゴールデングラブ賞に7度も輝くほどの実力だった。

【バファローズ】ホームラン量産の助っ人バッター?タフィ・ローズ

球団史上最強の助っ人と囁かれるタフィ・ローズ選手。近鉄バファローズの助っ人といえば、ローズ選手をあげる方も多いのではないだろうか?
近鉄バファローズへの入団は1996年。1年目からその力を大いに発揮し、チームの勝利に貢献した。2001年に達成したシーズン本塁打55本は、日本プロ野球歴代2位タイ記録となっている。また、外国人選手として400本以上のホームランを量産したのは、NPBでは唯一の記録だ。

まとめ

オリックス・バファローズの前身となった2つの球団。 球団は消滅してしまっても、オリックス・バファローズがある限り、その魂は脈々と受け継がれていくことだろう。 球団企画として過去のユニフォームを復刻する機会も多い中、かつての名選手たちに思いを馳せてみてはいかがだろうか? 真紅と蒼の魂を背負った新生バファローズと共に頂点へ!

おすすめの記事