「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【語り継ぎたい名選手】オリックス・バファローズを支えたバッターたち

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://mainichi.jp/

ひと振りで試合を決めるバッターは、いつの時代も憧れを抱かれるもの。今回はオリックス・バファローズファンなら知っておきたい名選手をそろえた。 現在のバファローズの前身となった2つの球団を支えた男たちを紹介する。

【ブルーウェーブ】球史に残る偉大な名選手?イチロー

オリックス・ブルーウェーブといえば、絶対に外すことのできない名選手がいる。かつてブルーウェーブで活躍し、40歳を超えてもなおメジャーリーグで記録を作り続けているイチロー選手だ。 1991年のドラフトでブルーウェーブに入団したイチロー選手。1994年に監督を務めていた仰木彬さんにその才能を見抜かれ、一軍レギュラーとして活躍するまでに成長する。
1995年には打者五冠王(首位打者・打点王・盗塁王・最多安打・最高出塁率)のタイトルを獲得。日本プロ野球において史上初の快挙となる、打点王と盗塁王の同時獲得を達成した。

【ブルーウェーブ】メジャー経験を次世代バッターに?田口壮

2016年からオリックス・バファローズの二軍監督を務める田口壮。現役時代はメジャーリーグでのプレー経験もある選手だ。
入団当初のポジションはショート。内野手として期待されていたものの、外野にコンバートされてからその才能を発揮。その外野守備はイチロー選手を上回るとまでの評判だった。 バッターとしてはシュアな打撃で、勝負強さに定評があるタイプ。満塁本塁打を打つ場面も多く、メジャー移籍後の満塁の場面での通算打率は.512を記録。まさに”満塁男”という呼び名がふさわしい選手だった。

おすすめの記事