「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【語り継ぎたい名選手】福岡ソフトバンクホークスを築いたバッターたち

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.sanspo.com/

かつてプロ野球史上初となる記録を打ち立てた4人の選手をご存知だろうか?ホークスの軌跡を追うファンならぜひ押さえておきたい名選手たち。 2003年に活躍した「100打点カルテット」と呼ばれるバッターたちを紹介する。

109打点の3番バッター、井口資仁

ダイハード打線と呼ばれる強力打線を有していた2003年のダイエーホークス。クリーンナップである3番バッターを務めていたのが井口資仁選手だ。
開幕当初は下位打線を任されていたものの、シーズン途中から3番バッターとして定着。2003年シーズンは109打点だけでなく、5試合連続猛打賞の日本タイ記録も達成するなど、輝かしい活躍を見せた。 その後、井口選手は2005年にメジャーリーグに渡り、2009年からは千葉ロッテマリーンズで日本プロ野球に復帰。全盛期のような不動のレギュラーとまではいかないが、現在もその才能を十二分に発揮している。

123打点の4番バッター、松中信彦

2003年のダイエーホークスのクリーンナップで4番を務めたのが松中信彦選手。平成で三冠王(首位打者・最多本塁打・最多打点)を達成した唯一の選手だ。
この年は怪我をした小久保裕紀選手に代わって4番に入り、ダイハード打線をけん引。123打点を挙げ、初の打撃タイトルとなる打点王を獲得した。そして、翌年の2004年に三冠王を達成するのだ。 松中選手は2015年に引退し、現在は野球中継の解説などで活躍している。バッター目線で語る、技術論を交えた解説が面白いと好評だ。

おすすめの記事