「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代の3大ホームランバッター!「東京ヤクルトスワローズ編」

2016 11/10 19:16
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top

ファンも大いに盛り上がり、その一撃で試合が決まることもある"ホームラン"。 今回は、ホームランに焦点を当て、東京ヤクルトスワローズで活躍したホームランバッター3名を紹介する。

「ブンブン丸」池山隆寛

池山隆寛は、常にフルスイングを信条とし、バットを思い切り振り回すことから「ブンブン丸」の愛称で親しまれていた。
高校卒業後、ヤクルトからドラフト2位指名を受けて入団したが、数年間はあまり出場機会に恵まれなかった。
1987年、4年目のシーズンに127試合に出場する。さらに翌年にはシーズン31本塁打を放った。遊撃手でありながらも、1990年シーズンには3割30本を記録する。これは遊撃手で史上初の快挙だった。 引退後は、ヤクルトの打撃コーチ、二軍の野手総合コーチなどを経て、現在は駿河大学の客員教授を務めている。

「小さな大打者」若松勉

若松勉は、純粋なホームランバッターではないかもしれない。しかし、168cmというプロ野球選手としてはかなり小柄な選手でありながら、東京ヤクルトスワローズ歴代3位となる通算220本塁打を放っている。また、通算打率も3割を超えていることなどから(通算打率.319は歴代2位となる記録)、「小さな大打者」と呼ばれた。
プロ入り1年目から、規定打席には到達しなかったものの、打率3割を記録している。このシーズンの打率3割は長嶋茂雄だけだった。巧みなバットコントロールでヒットを量産し、1977年には打率.358を記録し、首位打者のタイトルを獲得している。また、三振が非常に少ないことも特徴のひとつだった。
引退後もヤクルトに携わり続け、打撃コーチ、二軍監督、一軍監督などを務めた。

おすすめの記事