「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代の3大ホームランバッター!「横浜DeNAベイスターズ編」

2016 11/8 19:20
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

ファンも大いに盛り上がり、その一撃で試合が決まることもある"ホームラン"。 今回は、ホームランに焦点を当て、横浜DeNAベイスターズで活躍したホームランバッター3名を紹介する。

「無冠の帝王」松原誠

松原誠は、前身の大洋ホエールズの象徴的な選手で、「ミスターホエールズ」とも呼ばれた。 ベイスターズ歴代1位となる330本塁打、通算2000本安打を記録しているにもかかわらず、打撃タイトルと無縁であったことから「無冠の帝王」と呼ばれた。
選手としては、1966年から15年連続2ケタ本塁打を放つなど長距離砲として活躍し、また、一塁の守備でも柔軟性を生かして堅守を見せるなど、攻守共に優れた選手でもあった。
引退後は、数球団で打撃コーチを務め、解説者として活躍している。

「男」村田修一

出身が九州であることや、自身のブログでも名乗っていることから、「男村田」と呼ばれることもある。自身の長男が未熟児であったことから、未熟児医療に対して寄付を始めるなど、人情味が溢れることもファンから好意を持たれている一因だ。
大学卒業後、ルーキーの二塁手として1年目からコンスタントに出場を続けて活躍する。その結果、1年目でありながら25本塁打を記録したが、シーズン終盤に骨折してしまう。その翌年は2年目のジンクスなどに苦しむシーズンとなったが、2007年、2008年と2年連続本塁打王のタイトルを獲得した。
2011年オフにFAで読売ジャイアンツに移籍したが、それでもベイスターズ在籍時には251本の本塁打を積み重ねた。これはベイスターズ歴代3位の記録だ。現在も、所属する読売ジャイアンツで本塁打を放ち続けている。

おすすめの記事