「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴代の3大ホームランバッター!「阪神タイガース編」

2016 11/8 19:20
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

ファンも大いに盛り上がり、その一撃で試合が決まることもある"ホームラン"。 今回は、ホームランに焦点を当て、阪神タイガースで活躍したホームランバッター3名を紹介する。

「ミスタータイガース」掛布雅之

掛布雅之は阪神タイガースで通算本塁打349本を記録しており、現役時代を阪神一筋で過ごしたということも相まって、「ミスタータイガース」とも呼ばれている。
1974年にプロ入りし、そのシーズンには高卒ルーキーながら83試合に出場するなど、当時から期待値の高さがうかがえる。1979年にはシーズン48本塁打を記録し、これは日本人としては球団最多で現在も破られていない記録だ。
身長は175cmと決して恵まれた体格とはいえなかったが、身体全体を利用したスイングで力強い打球を量産していた。また、流し打ちもうまく、甲子園の浜風に逆らわないようにしてレフトスタンドにホームランを放り込む技術も併せ持っていた。
引退後は解説者などとして活動していたが、現在は阪神タイガース2軍の指揮を執っている。

「ホームランアーチスト」田淵幸一

田淵幸一の放つホームランは、飛距離が長く、美しい放物線を描いて観客席に吸い込まれるため、「ホームランアーチスト」と呼ばれた。
法政大学を卒業後、強肩強打の捕手として鳴り物入りで阪神に入団した田淵は、1年目からレギュラーに定着し、22本塁打を記録。捕手としては初となる新人王を獲得している。1975年には、王貞治の14年連続本塁打王を阻止するシーズン43本塁打を放ち、見事に本塁打王を獲得。最終的に、阪神で歴代2位となる320本塁打を記録した。
引退後は、解説者、楽天、日本代表のヘッド兼打撃コーチとして活動し、現在は再び解説者として活躍している。

おすすめの記事