「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球のルールを知って観戦を楽しむ4つのポイント

2016 3/25 14:54
野球観戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で古くから親しまれてきた野球。最近はレジャー感覚でカジュアルに観戦へ訪れる人も増えてきた印象だ。
基本的なルールや、近年導入された新ルールを覚えて野球観戦デビューのきっかけにしてもらいたい。

そもそも野球ってどんなスポーツ?

アメリカで1800年代に生まれ、日本に持ち込まれた野球、明治期から現代に至るまで我が国の人気スポーツ。基本的なルールは攻撃側と守備側それぞれ9人のチームに分かれ、攻撃の失敗(アウト)が3つ重なったら攻守交代というもの。
それぞれ9回の攻撃を行い、より多く点を奪ったチームの勝利だ。ただし、両チーム9回の攻撃を終え決着がつかなかった場合は、延長戦に入ることになる。日本のプロ野球は12回までに決着がつかなかった場合、引き分けとするルールだが、この規定がないアメリカではどちらかのチームが勝ち越すまで何回でも攻守交代が続くのだ。

野球が盛んな国

発祥の地アメリカはもちろんだが、アメリカと地理的に近い、あるいは古くから交流がある地域、キューバやドミニカといったカリブ海諸国でも野球の人気が高い。それ以外の国では、日本や韓国、台湾といった東アジア地域に盛んな国が集中している。
近年はヨーロッパ諸国やアフリカでもプレーされており、特にイタリアのプロリーグには、アメリカのプロリーグ(メジャーリーグ)でプレーした経験を持つ選手なども所属している。

おすすめの記事