「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ユニフォームで語る球団史~福岡ソフトバンクホークス編

2016 10/24 19:31
野球 ユニフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.daily.co.jp/

ユニフォームの変容に球団の歴史あり。ホークスの歴史を知りたい新規ファンはもちろん、長年のホークスファンも今一度ユニフォームを振り返ってみるのはどうだろうか? これまでにホークスが着用した歴代ユニフォームを紹介する。

【南海ホークス時代】1947?1988年のユニフォーム

1938年に南海鉄道を親会社とする「南海軍」が結成され、その後何度か改称を繰り返し、1947年に現在の福岡ソフトバンクホークスまで続く「ホークス」の名がついた「南海ホークス」が誕生する。 南海ホークスのチームカラーといえば深い緑色。ユニフォームは無地を基調とし、黄金時代の象徴でもある深緑色を取り入れたシンプルなデザインとなっている。
また、どの時代も変わらず胸に「HAWKS」のロゴが入っているのが特徴だ。時代によってはアンダーシャツにも緑色を取り入れ、南海=深緑のイメージを築き上げた。

【ダイエーホークス時代】1989?2004年のユニフォーム

1988年、南海は不採算となっていた球団を小売企業のダイエーに売却。福岡ソフトバンクホークスの前身となる「福岡ダイエーホークス」の誕生となる。 本拠地も大阪から福岡に移転。それに伴い、ユニフォームもダイエーのイメージカラーであるオレンジを使用したものに一新された。特にこの時代は鷹をイメージしたユニークなデザインのヘルメットが有名で、通称「ガッチャマンヘルメット」と呼ばれている。
1993年には福岡県内での本拠地移転をきっかけに、ユニフォームも縦縞から無地にリニューアル。胸には「HAWKS」のロゴがなくなり「FDH(福岡ダイエーホークスの略)」のみのシンプルなデザインとなった。

おすすめの記事