「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜DeNAベイスターズのユニフォームの歴史

2016 10/24 19:31
denaベイスターズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by https://www.daily.co.jp/

現在プロ野球界唯一の外国人監督と共に奮闘している横浜DeNAベイスターズの歴代ユニフォームについて知りたい人も多いと思う。 本稿では、横浜DeNAベイスターズのユニフォームについて説明する。

前身時代の大洋のユニフォーム

横浜DeNAベイスターズは、かつては「大洋ホエールズ」という名称で活動していた。当時からユニフォームのデザインは変遷していったものの、基本的にホームのユニフォームはシンプルなつくりをしていたのが特徴だ。
大洋ホエールズという名称はなくなってしまったが、2016年はかつてのホエールズ時代のユニフォームを復刻させたイベントが行われた。太洋時代から応援してきたファンにとっては非常にうれしいイベントだが、最近ファンになった方も球団の歩みを知ることができて良かったのではないだろうか。

優勝の思い出と共に

大洋ホエールズの後は「横浜ベイスターズ」という企業名がつかないネーミングになった。やはりイメージが強いのは1998年に使用されたユニフォームではないかと思われる。ベイスターズの文字を綺麗なフォントで表現して、ストライプ柄とマッチさせた非常におしゃれなデザインとなっている。
権藤博監督の選手に任せるタイプの野球が若手とベテラン双方によく浸透した結果、セントラル・リーグ優勝を果たし、日本シリーズにおいても西武ライオンズを下して日本一になった。 ベイスターズはこの日本一以降、長きにわたって低迷することとなったため、ファンはこの頃の記憶を思い出す日々が続いている。

おすすめの記事