「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北ゴールデンイーグルスは挑戦的なイベント情報を一挙紹介!

2016 10/24 10:31
楽天 野球 イベント
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 sendai-magazine.net

東北楽天ゴールデンイーグルスといえば、オーナー会社が日本最大手のIT企業・楽天なので、球団を創設して以来、今までのプロ野球では見られなかった挑戦的な試みを続けてきました。今回は本拠地のkoboスタ宮城で開かれるファン向けの面白いイベントについて紹介します。

球場全体が「縁日」になるイベント

イーグルスが子どもの夏休み期間中に開催する「夏スタ」は、koboスタ宮城が縁日のようになるイベントです。例えば、スタジアム3塁側外周に新設された「イーグルスドーム」がお化け屋敷がとなって、会場内を回りながら球団マークを集めるとプレゼントがもらえる企画や、左中間後方にも新設された「スマイルグリコパーク」では巨大迷路も作られました。球場に野球を見に訪れる前に、遊園地やお祭りのようなアトラクションを体験でき、子どもも大喜びでしょう。

あのゲームとのコラボイベント!ファミスタナイター

2016年6月10日の楽天ー広島のセパ交流戦は、アラフォー世代のゲーム好きにとってはたまらない一夜となったでしょう。この日は、任天堂のゲーム機「ファミリーコンピューター」でナムコ(現・バンダイナムコ)から発売された「ファミリースタジアム(ファミスタ)」の世界観と現実が一体となった試合が開催されました。ファミスタナイターと銘打ったこの日は、ファミコンらしいピコピコした音とともにゲームが始まり、大型ビジョンにはドット絵で描かれた選手紹介もありました。来場者にはファミスタ風の選手ステッカーが全10種類配布され、ステッカーを集めようと往年のファンはグッズの購入に走ったでしょう。

おすすめの記事