「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道日本ハムファイターズの生ける伝説、大谷翔平の功績を振り返る

2016 10/20 18:39
野球 札幌ドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

日本球界に二刀流が大きな爪痕を残す。プロ入り以来ファンや関係者を驚かせ続けている、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手。とどまる所を知らない進化の秘密はどこにあるのか?彼の生い立ちと、これまでに残してきた功績を振り返ってみよう。

"大谷翔平"伝説の始まり

大谷翔平投手は1994年7月5日生まれで岩手県奥州市の出身。翔平の「平」は、平安時代の武士・源義経の出身地である奥州・平泉の「平」から取ったそうだ。
野球を始めたのは小学生の時。当時から受ける捕手が苦労するほど急速が早く、小学校5年生にして110km/hをマークするほどだった。 憧れの選手は花巻東高校の菊池雄星投手。高校は菊池投手の出身校へと進学し、「ドラフトで菊池雄星を越える球団から指名を受ける」ことを目標に掲げ、野球に勤しんだ。

憧れのメジャーリーグと、栗山監督との出会い

高校時代から順調に急速を伸ばし、いつしか"みちのくのダルビッシュ"と呼ばれるようになった大谷投手。高校3年の夏の岩手大会では、アマチュア野球史上で初の160km/hをたたき出すなどその才能の片鱗を見せてきた。
高校卒業後の進路は憧れのメジャーリーグへの挑戦に意欲的だった。しかし、北海道日本ハムファイターズが大谷投手をドラフト1位で指名。栗山監督を交えた交渉や、球団が用意した30ページに及ぶ資料により、ついに大谷投手は北海道日本ハムファイターズへの入団を決意したのだ。

おすすめの記事