「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島東洋カープの名選手・黒田博樹の功績を探る

2016 10/20 18:39
野球 ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp/

広島東洋カープのエースといえば誰を思い浮かべるだろうか?やはり「黒田博樹」投手を上げる方が多いのではないだろうか。メジャーの誘いを断り、カープに帰ってきた男気あふれる好投手。黒田投手の功績を交え、その野球人生を振り返っていこう。

黒田博樹の野球の原点

黒田博樹投手は1975年2月10日に大阪で生まれた。父は元プロ野球選手である黒田一博さん。野球界のサラブレッドとも呼べるかもしれない。
子供のころは父が監督を務めるボーイズリーグのチームに所属し、野球の基礎力を身につけていった。 高校は大阪の上宮高等学校へ進学。しかし、子供のときは野球が楽しいとは思わなかったとのこと。そこで経験した厳しい練習が、現在のマウンドで臆することない精神力を築きあげたのかもしれない。

プロ野球の世界へ?広島東洋カープへの入団

1996年のドラフト逆指名で黒田投手はプロ野球の世界に足を踏み入れる。入団したチームはもちろん『広島東洋カープ』。ここからカープと黒田投手の深い絆が始まるのだ。
入団当初は2軍から始まり、1イニング10失点を喫するなどの苦い経験も味わう。しかし、同年4月には初登板・初先発・初勝利・初完投という快挙を達成。新人ながら先発ローテーションに組み込まれ、カープの大事な戦力となる。 その後も順調に経験を重ね、やがてカープのエースとしてマウンドに君臨するのだ。

おすすめの記事