「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売ジャイアンツの歴代ユニフォーム

2016 10/12 03:34
巨人上原Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

胸のGIANTSの文字

胸部分に「GIANTS」のネームが刻まれたユニフォームは、 長嶋茂雄氏と王貞治氏の2大スターが共演したON時代から、後にニューヨーク・ヤンキースなどのメジャー球団でも活躍した松井秀喜選手まで、マイナーチェンジこそあったが、この原型をほとんど崩さず今日に至っている。
当時のジャイアンツの強さに関しては12球団の中でも特筆すべきものであり、このユニフォームを見るとジャイアンツファンはいい思い出が残っているのかもしれない。

そして現在

2006年、アディダスと契約し、胸の花文字が角ばったデザインへと変更された。パンツの横にラインが3本入った。1953年以降の大きなデザイン変更であった。

2014年、アンダーアーマーと契約し、新たなデザインへと変更する。1953年のモデルをベースとし、前面の数字とラインが消えた。パンツのラインが1本になる。そして、ジャイアンツ伝統の花文字が復活する。
伝統と格式を重んじるジャイアンツは、伝統を復刻させ、新たなユニフォームとともに、メークドラマの再現を目指している。

まとめ

おなじみのユニフォームを背負って戦う選手たちの姿には、日本で最も長く続く球団としての伝統と自負を感じる。

おすすめの記事