「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知らない!?プロ野球球団マスコットの逸話

2016 10/11 18:34
球団マスコット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by https://www.daily.co.jp/

プロ野球の球団の人気を影で支えるのは、球団マスコットです。試合よりも愛くるしい姿を見に球場を訪れるというファンもいるほどですが、人気マスコットのあまり知られていないエピソードについて紹介していきます。

自由過ぎるマスコット、中日のドアラには師匠がいた?

身長「アジアの頂点」cm、年齢「アルコールOK」などという理解不能なプロフィールをひっさげて活躍するのは、中日ドラゴンズのマスコット・ドアラ。竜がモチーフのシャオロン、パオロンと比べて軽快な動きを見せる一方、無表情のまま傍若無人なパフォーマンスを繰り広げる姿が「キモかわいい」と一躍大ブレークしました。
ドアラがそんなキャラへと変貌を遂げたのは、ドアラ一族の長である師匠・ゴールデンドアラの影響を受けたとされています。目玉が光り、全身が金ラメの風貌のゴールデンドアラは観客を沸かせる機敏な動きと笑いを伝授したことで、日本一寒いマスコットから日本一の人気マスコットへと進化しました。

広島の球団ロゴに映るカープ坊やの七変化?

広島東洋カープで古くから愛されているマスコットといえば「カープ坊や」。球団マスコットとしては最古参の1975年に誕生しましたが、この頃はまだマスコットを着ぐるみ化するという習慣がなく、他球団がマスコットを切り替えていくうちにカープ坊やだけが着ぐるみ化せず残りました。
ただ、カープ坊やはイラストとしてさまざまな形でデフォルメされており、球団OBの前田智徳氏が2007年に2000本安打を達成した記念企画として、前田氏の顔に似せたカープ坊のイラスト入りTシャツを発売。これが好評を得て他選手のバージョンもグッズとして発売されました。また、選手以外ではミュージシャンの奥田民生氏とのコラボ企画として「民生坊や」も登場するなど、多方面で利用されています。

おすすめの記事