「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球の試合を影で支える職業をまとめてみた

2016 10/12 03:34
野球 会場
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dennis Ku/Shutterstock.com

野球というとプロ野球選手が試合を頑張っているものだが、実は裏ではたくさんの人が働きその人たちのおかげで試合は成り立っている。どんな仕事があるのか紹介する。

選手のお世話を担う球団職員

球団職員の仕事はさまざまなものがある。
例えばマネージャー業務があり、遠征に出かけるための交通機関や宿泊先の手配を行うのみならず、選手たちのプライベートの管理も行う。時には教育係のような役割を担うこともある。
他にも広報係も担っており、試合結果や選手についてマスコミに発表する業務もある。他にも試合を観戦しにきた人たちを観察して、次回の試合の時より楽しい観戦ができるよう検討を行い、次回の観戦客の増加につなげていくことをしている。

得点を記録するスコアラー

スコアラーは試合の経過や得点を記録する仕事だ。
スコアラーには2種類あり、チーム付きスコアラーと先乗りスコアラーだ。チーム付きスコアラーとは試合中ベンチ入りして当日の対戦相手の情報を監督やコーチ、選手に伝える人のことだ。
先乗りスコアラーは次に対戦する相手の情報を集める人のことだ。具体的には対戦相手の癖や得意な打球、苦手な打球を分析する役割がある。また、日本野球連盟に所属しているスコアラーもおり、その人たちは公式記録員と呼ばれている。この人たちはヒットやエラー等記録したものが事務局に保管されてる。

おすすめの記事