「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初めてでも安心!野球観戦のマナー5選

2016 10/11 18:34
野球観戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com

野球観戦をしたいけど観戦マナーが分からなくて不安...という方へ。初めてのスポーツ観戦は緊張しますよね。今回は観戦初心者に安心して野球観戦できるように最低限のマナーを5選紹介します。

持っていった方がいいものと持ち込めないもの

観戦時には夏の暑さでやられてしまう事もあります。ですので、暑さ対策はしっかりとしていきましょう。帽子、サングラスや日よけグッズ、また水分もちゃんと取るようにする事がオススメです。ナイトゲームだからと言って対策をしていないと、夏は日が長いので涼しくなるまでに時間がかかります。
飲み物を持ち込む際の注意点としては、缶やビン類は持ち込みが禁止されています。ペットボトルや紙パック等の飲み物を持っていくようにしましょう。

雨対策に傘は厳禁

屋根がないスタジアムでは突然の雨やゲリラ豪雨が起こる起こるかもしれませんが、傘はささないようにしましょう。傘をさしてはいけないというルールはありませんが、傘をさしていると周りの人が見えづらくなったり、傘が当たって怪我したりと非常に危険です。雨対策にはレインコートを持っていくようにしましょう。

試合中の写真撮影に注意

試合をなるべく写真に収めたい、記念に写真を撮っておきたいなど写真撮影をする人は多いのではないでしょうか。写真を撮る事自体は全く問題ありませんが、注意すべき点がある事を知っておいた方がいいです。
それは、試合プレー中の選手に配慮をしないといけないという事です。フラッシュでの撮影は選手に取って妨害行為になります。フラッシュが目に入ってボールが見えなくなったり、フラッシュの明かりで気が散るといった事がないように、写真を撮る際にはフラッシュでの撮影はやめましょう。

白熱した試合でも立ちっぱなしの応援は控えましょう

白熱している試合中やホームランなどの瞬間にどうしても立ってしまう場合があります。瞬間的に立ってしまうのは仕方ない事で、ホームランなどの場合に立って激励する事はいい事だと思います。その方が選手にとっても嬉しい事となるでしょう。
しかし、そのまま立って応援する事はやめましょう。後ろの人が試合が見えづらくなってしまい、自分が立った事によって後ろの人も立たないといけなくなってしまい、さらに後ろの人が見えないといった状況になってしまいます。立った場合でも速やかにその後は座って観戦するのが良いマナーです。

一番気をつけないといけないゴミマナー

食べ物の持ち込みや飲み物等はどれだけ食べたり飲んだりしても構いません。試合が終わった後、帰る時は自分の出したゴミは必ず自分で持ち帰るか、指定のゴミ捨て場に捨てて帰りましょう。近年ゴミの問題が増加しています。ゴミをそのまま席に捨てて帰るようなマナーの悪いファンもいます。
しかし、みんなが気持ち良く試合を観戦し帰る事を心がけ、自分の出したゴミくらいは自分で始末してから帰る事を徹底しましょう。ファンであれば球場も綺麗にする事を心がけるのが最大のマナーですね。

まとめ

野球観戦のマナーについて紹介しました。当たり前の事も多いですが、試合に熱中すると自分で気づかないうちにマナーを乱しているかもしれません。最低限のマナーを守って気持ち良く観戦しましょう。

以上「初めてでも安心!野球観戦のマナー5選」でした。

関連記事

おすすめの記事