「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

読売ジャイアンツ、高橋由伸監督の素顔とは?

2016 10/11 18:34
野球 監督
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by www.tokyo-sports.co.jp

2016年から読売ジャイアンツの選手を引退し、監督に就任した高橋由伸監督。新監督である高橋由伸氏はそのようにして今の地位を築いたのでしょうか。本記事ではその数々の偉業を辿っていきます。

高橋由伸監督は、どんな小学生だった?

2015年から読売ジャイアンツの新監督になった高橋由伸氏は、小学生の頃から素晴らしい選手でした。
千葉県生まれの高橋由伸氏は、右利きなのに3歳から左打ちでバットを握っていました。小学4年生で入団した地元の野球チームでは、6年生ばかりがレギュラーに選ばれる中、彼一人だけが4年生レギュラーとして3番ショートで活躍しました。
リトルリーグでは県大会優勝を果たし、野球の才能に恵まれていました。父と一緒に二人三脚で野球に励んでいましたが、少し斜に構えた子どもでもあったそうです。

甲子園出場は父のために!高橋由伸監督が高校を決めたきっかけ

小学生の頃からレギュラーとして活躍していましたが、夢はプロ野球選手ではありませんでした。
高校は甲子園出場よりも、将来を見据えて学業に励むことができる進路を考えていたそうです。しかし、家族の意向もあり、神奈川県の野球の名門校「桐蔭学園高校」に入学しました。
このとき、高橋由伸氏は「甲子園で活躍して、慶應義塾大学に推薦で入ろう」と決意したとのことです。家族の中でも、野球熱心な父や兄とは対照的に、野球を好きになれない自分がいた時代もあったようです。

おすすめの記事