「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

WBCの観客動員数から見える野球事情

2016 9/23 20:08
野球 球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alan C. Heison/Shutterstock.com

もっとWBCを通じて野球のことを知りたい人のために、今回はWBCの観客動員数から見える野球事情を紹介する。

2013年のWBC観客動員数

WBCが始まったのは、2006年からだ。第2回大会は2009年、第3回大会は2013年に行われた。歴史の浅いWBCだが、着々と観客動員数を増やしている。2013年の観客動員数は88万5,212人であり、第2回大会よりも8万人多いという結果になった。
しかし、日本のプロ野球リーグのように観客動員数が1,000万人を超えるような盛り上がりとは、まだまだ遠いようだ。野球の世界大会でありながら、オリンピックのように取り上げられていないのも現状だ。

なぜ、WBCにはオリンピックのような盛り上がりがないのか?

野球の世界大会であるWBCは、メジャーリーグベースボール(MLB)機構とそのMLB選手会によって設立された大会だ。WBCを開催したきっかけは、MLB機構が活動や収益の拡大をすることだった。また、WBCの第1回大会、第2回大会はともに招待制だったので、盛り上がりに欠けたのかもしれない。
時を同じくして、オリンピックの種目としてあった野球が、2008年の北京オリンピックを最後に除外された。当時、野球の世界大会がどれなのか定まっていなかったのも原因かもしれない。

おすすめの記事