「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

5年目64勝は日本人歴代トップの田中将大 スタイルを変えて復活した2018年

2019 1/12 07:00青木スラッガー
田中将大,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

メジャー5年目終了時点で日本人歴代トップの64勝

2018年シーズンでメジャー5年目を終えたヤンキース・田中将大。大谷翔平と同じく、1年目途中に靱帯損傷が発覚しながら、ここまで名門のローテーションを守り続けている。改めてその活躍を振り返りたい。

昨季の田中は、27先発156イニングで12勝6敗・防御率3.75。13勝12敗・防御率4.74だった2017年から大きく防御率を向上させた。序盤は防御率4点台で推移したが、6月に走塁で足を痛めて一旦故障者リスト入りした後は、復帰3戦目で完封勝利を飾るなど安定。正念場の9月は3勝1敗・防御率2.79と抜群の投球を見せ、良い形でシーズンを締めくくった。

13勝を挙げた1年目から、5年連続の12勝以上を達成。通算成績は64勝34敗・防御率3.59となり、現時点でメジャー通算勝利数はダルビッシュ有(57勝)、岩隈久志(63勝)を抜いて日本人3位に位置している。

トップ1・2は野茂英雄(123勝)、黒田博樹(79勝)となるが、5年目シーズン終了時点での通算勝利数は田中が歴代最多(野茂61勝、黒田57勝)。楽天時代の野村克也監督に「マー君、神の子、不思議な子」とまで言われた「負けない」投手ぶりは、大リーグでも健在だ。

おすすめの記事