「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

菊池雄星が移籍するシアトル・マリナーズとは?

2019 1/8 07:00勝田聡
菊池雄星,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

先発ローテーション入りは確実

ポスティング制度を用いてのMLB移籍を目指していた菊池雄星の所属先がシアトル・マリナーズに決まった。最大7年の契約となっていることからも、その期待の高さをうかがい知ることができる。

1月3日(日本時間4日)に行われた会見では、英語でしっかり受け答えし日米の報道陣を驚かせた。

現時点のロースターを見ると菊池は先発ローテーションに入ることは確実。まずは怪我なく1年間を過ごすことが求められる。しっかりとローテーションを守りながら、登板することができれば結果はついてくるはずだ。

さて、菊池が所属することとなったマリナーズとはどんなチームなのだろうか。少し振り返ってみたい。

2001年以来のポストシーズンを目指す

アメリカン・リーグ(以下、AL)西地区に属するマリナーズのホームタウンはワシントン州シアトル。本拠地はT-モバイル・パークだ。この名称は2019年からとなっており、1999年から2018年までの間はセーフコ・フィールドと呼ばれていた。名称が変わったのはネーミングライツの契約満了によるものである。

球団創設は1977年で、MLB30球団の中では比較的新しい球団となる。また、創設以来、ワールドチャンピオン、リーグチャンピオンに輝いたことはなく、最高成績は3度(1995年、1997年、2001年)の地区優勝となっている。

2001年にはシーズンでMLBタイ記録となる116勝をマークし、ワールドシリーズ制覇を期待されたが、リーグチャンピオンシップで敗退。悲願達成とはならなかった。それ以来、ポストシーズンに駒を進めたことはなく、もっともポストシーズンから遠ざかっているチームでもある。

2018年は89勝73敗、勝率.549で地区3位と健闘したが、ワイルドカード争いでは2番手だったアスレチックスに8ゲーム差をつけられている。2019年は18年ぶりのポストシーズン進出、さらに初のリーグ優勝、ワールドチャンピオンを目指している。

おすすめの記事