「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成21年 松井秀喜がワールドシリーズMVP 【平成スポーツハイライト】

2019 1/4 11:00SPAIA編集部
松井秀喜
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ヤンキースタジアムのデビュー戦で満塁弾

野茂英雄が海を渡って以降、次々に日本人メジャーリーガーが誕生した。伊良部秀輝、佐々木主浩、イチロー、新庄剛志らに続いて平成14年オフにヤンキースと3年契約を結んだのが日本屈指のスラッガー、松井秀喜だった。

星稜高から鳴り物入りで巨人に入団した松井は、プロでも順調に成長曲線を描いた。平成10年に本塁打、打点、最高出塁率のタイトルに輝くと、巨人を去る14年までに本塁打王3度、打点王3度、首位打者1度、最高出塁率3度獲得。日本シリーズ優勝を手土産にFA宣言した。

それまでは投手か巧打者がメジャーで成功していたが、長距離打者として体格で劣る日本人がどこまで通用するかという点でも注目を集めた。平成15年開幕戦、ヤンキースの5番レフトとして先発出場し、初打席で初安打・初打点を記録。4月8日の本拠地開幕戦では右翼へメジャー第1号となる満塁本塁打を放つという華々しいデビューを飾った。「ゴジラ」はすでに世界規格だった。

1年目はオールスター、ワールドシリーズ(マーリンズに2勝4敗)にも出場。16本塁打、106打点、打率.287、得点圏打率はチーム最高の.335という成績を残した。

おすすめの記事