「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハーパーが更新するか? MLBにおける史上最大額の契約

2018 11/23 11:00勝田聡
ブライス・ハーパー,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

平均額ではグレインキーがトップ

契約総額ではスタントンが史上最大となっているが、1年あたりのアベレージにおけるトップはザック・グレインキー(ダイヤモンドバックス)となる。グレインキーは、2015年オフにダイヤモンドバックスと6年総額2億650万ドルで契約を締結。1年あたりの年俸は3441万6667ドルとなり、スタントンのアベレージを940万ドルほど上回っている。

その他にもミゲル・カブレラ(タイガース)、デービッド・プライス(レッドソックス)らアベレージ3000万ドル超えはグレインキー含め6選手だ。

平均年俸ランキング

ⒸSPAIA

おすすめの記事