「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLB新人王の大谷、後半戦飛躍の背景にフライ率上昇。松井秀喜にもあった変化

2018 11/15 07:00青木スラッガー
大谷翔平,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

後半戦好調だった大谷、シーズン中に打球傾向が変化

エンゼルスの大谷翔平が新人王に選出されるという、うれしいニュースがあった。改めて大谷のメジャーデビューを振り返ってみよう。

6月に1か月弱の故障者リスト入りした期間があり、7月に打者で復帰した後は不振にも陥ったが、後半戦は15本塁打を放つなど躍進。1年目で苦しい時期から復活できたのは今後の大谷にとって、大きな財産となるのではないだろうか。

後半戦の大谷は何が変わったのか。スタッツを見るとゴロ打球が減り、フライ性の打球が増えていったことが一つの要因に推測できる。

大谷は前半戦、メジャートップクラスの打球速度を誇る半面、打球角度が課題であるとよく評されていた。ゴロが多く、そのほとんどが引っ張りになるという特徴があり、守備側としては思い切ったシフトを敷きやすい。角度をつけられるようになれば、シフトを攻略でき、本塁打も増やせるのだが……。ただ、シーズン中に打球傾向の大きな変化があった。

おすすめの記事