「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【動画あり】大谷22本塁打、田中と前田PS出場、平野75試合登板。MLB日本人選手振り返り

2018 11/5 11:20勝田聡
大谷翔平,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

大谷翔平は22本塁打でチームに貢献、イチローは会長付特別補佐へ

大谷翔平,イチロー

今シーズンMLBでもっとも話題に上った日本人選手は、大谷翔平(エンゼルス)に違いない。ベーブ・ルース以来の本格的な「二刀流」として、日米で大きく報道された。

期待された「二刀流」としては機能しなかったかもしれない。右肘の故障もあり、投手としては10試合の登板に終わった。しかし、打者としては日本人の移籍初年度最多の22本塁打をマーク。ポストシーズン出場は果たせなかったが、指名打者としてチームに大きく貢献した。

痛めていた右肘の手術は終わり、来シーズンは野手に専念するとの報道もあった。さらなる飛躍に期待したい。


【エンゼルス公式】大谷が逆方向へ放った本塁打


2001年のシアトル・マリナーズ移籍以来、第一線でプレーし続けてきたイチロー(マリナーズ)は、シーズン序盤に「会長付特別補佐」の職に就いた。以降、今シーズンはMLBの舞台でプレーできなかったものの現役を引退するわけではなく、トレーニングは選手時代同様に続けてきた。本人も現役続行の意思を表明しており、来年3月に東京ドームで開催されるアスレチックスとの開幕2連戦で復帰することが予想されている。

おすすめの記事