「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

こんなに高い!メジャーリーグの年棒

2016 9/2 21:22
CC・サバシア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Debby Wong/Shutterstock.com

男の子の憧れとして定番化している野球選手だが、時代が進むにつれて年俸はどんどん高額になる傾向にある。
今回は日本のプロ野球の上をいくアメリカのメジャーリーガーの年俸について調べてみた。

日本とメジャーリーグの平均年俸の差

まず、日本のプロ野球における平均年俸について紹介する。労組にあたるプロ野球選手会によると、選手会に加入している支配下登録選手732人の平均年俸は3811万円と4年ぶりに115万円アップした。
年俸が1億円以上の選手は65人。球団の総年俸では巨人がトップの42億7350万円。最下位はDeNAで15億150万円だった。
一方、メジャーリーガーの平均年俸は約4億8000万円と過去最高を更新している。プロ野球とメジャーリーグでは平均年俸に10倍以上の開きがあることがわかった。

メジャーリーグの最高年俸額

2016年7月現在、メジャーリーガーの最高年俸はロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショウ投手で、4000万ドル(約42億円)だ。2014年始めに、ドジャース球団とメジャー史上最高の総額2億1500万ドル(約228億7000万円)で7年契約を結んでいる。
とてつもない金額だが、2006年にドラフト指名されたカーショウ選手は2010年まで好不調の波が激しくそれほど勝ち星には恵まれていなかったのだ。しかし、2011年シーズンは時間とともに調子が上がり勝ち星、防御率、奪三振で投手3冠に輝き、一躍スーパースターの仲間入りを果たした。
14年にはMVP、リーグで最も活躍した投手に贈られるサイヤング賞を同時受賞し、価値は今なおうなぎ登りとなっている。

おすすめの記事