「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もしシアトル・マリナーズが優勝したら

2016 9/2 12:22
シアトルマリナーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Valeriy Poltorak/Shutterstock.com

シアトル・マリナーズはアメリカンリーグでリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たしたことの無い唯一のチームです。
もし優勝争いに絡んだ時にはどんな状況になるのか考えてみたいと思います。

シアトル・マリナーズが優勝に一番近かった2001年

前年まで万年最下位だったシアトルマリナーズは2001年ジョン・オルルド、佐々木主浩、イチロー、ブレット・ブーンを加入させ、西リーグでは圧倒的な強さを誇って他3球団を寄せ付けませんでした。
タイトルホルダーがそろう強打線を擁し、「闘将」と言われるルー・ピネラ監督の統率力が大きくスター選手をまとめるのに長けていたのです。ア・リーグ西では圧倒的な強さで、116勝42敗という好成績でしたが、ニューヨーク・ヤンキースに敗れてリーグ戦に勝ち進むことができませんでした。
ここまでの強さならリーグ優勝も夢ではなかったと思いますが、モチベーションがどこかで落ちてしまったのでしょうか。

ルー・ピネラー監督が夢見た優勝は監督の復帰で叶えられる?

ルー・ピネラー監督退任後マリナーズは低迷を続け最下位の常連になってしまいます。現在テレビ局との契約が結ばれ多くの契約金が得られるようになりましたが、今現在、資金に余裕があるときにピネラー監督が復帰し、「闘将」の采配でチームを引っ張っていったら、より強く生まれ変わった新・マリナーズが観られるのではないでしょうか。
監督の名言「自分の弱さを直視できるだけの強さがない者は、たくましい戦士にはなれない」のもとに、選手の士気が高まりそうです。

おすすめの記事