「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シンシナティ・レッズの優勝パレードと祝賀会の歴史

2016 9/2 12:22
シンシナティレッズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by aceshot1/Shutterstock.com

シンシナティ・レッズのファンの方へ。
今回は優勝パレードや祝賀会にスポットをあて、シンシナティ・レッズの歴史を振り返り紹介します。

シンシナティ・レッズの歴史

シンシナティ・レッズは、MLBナショナルリーグ中地区所属で、本拠地はオハイオ州シンシナティのグレート・アメリカン・ボール・パークです。1882年に創立し、1919年までは優勝すらできないチームでした。
その年、シカゴ・ホワイトソックスを破り初のワールドシリーズを制覇、それからしばらく低迷期に入り、1940年に2度目のチャンピオンに輝きました。1975年にはワールドシリーズ2連覇を成し遂げましたが、その後は1990年に14年ぶりのワールドチャンピオンになったきり低迷を続けています。
2015年までに日本プロ野球からドミニカ共和国の選手を獲得したことはありますが、日本人選手を獲得したことのなかったマイアミ・マーリンズがイチローを獲得したことで、シンシナティ・レッズだけがMLBで唯一日本人選手の所属したことのない球団となっています。

シンシナティ・レッズの黄金期

1941年から低迷を続けていましたが、1970年代にチームは黄金期を迎えました。この年はスパーキー・アンダーソン名将が指揮し、ピート・ローズやジョニー・ベンチ、ジョー・モーガン等の活躍があり、「ビッグ・レッドマシン」の愛称で全米を揺るがしました。
リーグ優勝4回、地区優勝6回という記録を作り、その内、1975年、1976年の2年連続でワールドシリーズを連覇するなどの輝かしい成績を残し、強豪チームとして知られていました。この年の活躍はまさに黄金期といえるでしょう。

おすすめの記事