「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【動画あり】ドジャースが2年連続でWS進出。カーショーが先発・抑えとフル回転

2018 10/22 14:50勝田聡
クレイトン・カーショー,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

初戦はカーショーがまさかのノックアウト

ナショナルリーグチャンピオンシップは、ミルウォーキー・ブルワーズとロサンゼルス・ドジャースの対戦となった。

ブルワーズの本拠地であるミラー・パークで始まった第1戦。ドジャースはエースのクレイトン・カーショーが相手投手のブランドン・ウッドラフに本塁打を浴び、3回5失点(自責4)でまさかのノックアウト。ドジャースはその後を追い上げるが一歩及ばず、6対5で7人の投手を継投したブルワーズに軍配が上がっている。なかでもジョシュ・ヘイダーは中継ぎながら3回を投げ、無失点の好投でチームを勝利に導いた。


【ブルワーズ公式】ウッドラフの本塁打


第2戦はドジャースが見事な逆転劇を見せた。0対3と3点ビハインドの7回表に2点を返すと、8回にはジャスティン・ターナーが逆転の2点本塁打を放ち4対3。その裏には前田健太も登板。ベテランのカーティス・グランダーソンにあわや本塁打の大飛球を浴びたが、フェンス越えとはならず右飛。きっちりと仕事を果たした。最終回はケンリー・ジャンセンが締め4対3でドジャースが1勝1敗のタイに戻した。

おすすめの記事