「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【動画あり】Rソックスが5年ぶりのWS進出!MVPは2本塁打のブラッドリーJr.

2018 10/19 15:46勝田聡
ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア,アレックス・コーラ,ボストン・レッドソックス,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

フェンウェイパークでは互いに譲らず1勝1敗のタイ

アメリカンリーグチャンピオンシップ(ALCS)は昨シーズンの王者であるヒューストン・アストロズと2013年の覇者であるボストン・レッドソックスの対戦となった。

短期決戦を制する上で大事な初戦を制したのはアストロズ。2回表、2死から3つの四死球で満塁のチャンスを作ると、昨年のワールドシリーズMVPでもあるジョージ・スプリンガーが適時二塁打を放ち2点を先制する。その後、一時は追いつかれるも6回に勝ち越すと、9回には元DeNAのユリエスキ・グリエルの本塁打などで4点を追加し7対2と完勝した。

迎えた2戦目は序盤から激しい点の取り合いとなる。2対2で迎えた3回表、アストロズは安打で出塁したグリエルを一塁においてマーウィン・ゴンザレスが勝ち越しの2点本塁打。4対2とアストロズがリードを奪う。

しかしその裏、レッドソックスは2死満塁のチャンスで「JBJ」ことジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがグリーンモンスター直撃となる走者一掃の3点適時二塁打を放ち逆転に成功する。その後、レッドソックスは終盤に追加点を奪い7対5で2戦目をものにし、1勝1敗のタイで移動日を迎えることとなった。

【レッドソックス公式Twitter】ブラッドリーの適時二塁打

おすすめの記事