「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLBで飛び交う単語、オプトアウト、クオリファイング・オファーとは?

2018 10/28 15:00勝田聡
クレイトン・カーショーⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

昨シーズン田中で話題となった、契約破棄できる「オプトアウト条項」

近年、オプトアウト(Opt Out)という単語が飛び交うようになった。日本でも昨シーズンオフにニューヨーク・ヤンキースの田中将大がオプトアウトできる権利を持っていたこともあり、この単語がメディアを賑わせた。

これは「現在の契約を破棄することができる」権利である。もちろん必ず行使せねばならないものではない。田中のように行使せずに当初の契約で残りの数シーズンを戦う場合もある。

契約する際、選手はできるだけ高額な長期契約を結ぶことを目標としている。しかし、年々MLBの契約金が高騰している現在。契約時点では高額で長期だった契約も数年後には相場が変わり、低額での長期契約となってしまう恐れがある。そのため、長期契約の途中で破棄できる権利を盛り込みたいのだ。

球団側は、選手に対するメリットのひとつとしてオプトアウトの条項を盛り込み、他球団に差をつけようとしているのだ。また、数年後のチーム状況が変わらない保証もなく、オプトアウトを行使されても再契約する義務は無いため、FAとなってくれた方が都合のよいときもある。

オプトアウトは、高額で長期契約を結ぶことができる選手に付帯されることが多い。今オフの目玉でもあるロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショーもオプトアウトで市場に出るか否かが注目されている。

【オプトアウトまとめ】

  • 複数年契約の途中で契約を破棄できる選手側の権利
  • 行使しないこともある
  • 球団側は行使されても再契約する義務はない

おすすめの記事