「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボストン・レッドソックスの優勝パレードと祝賀会の歴史を振り返る

2016 9/2 12:22
ボストンレッドソックス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Joseph Sohm/Shutterstock.com

ボストン・レッドソックスファンの、今までにどんな優勝パレードをしていたのか思い出したい方へ。
今までの栄光を見返すことが出来る優勝パレード・祝賀会を5つ紹介します。

ベーブ・ルースがいた初代王者のボストン・レッドソックス

レッドソックスは1901年に創設され、アメリカンリーグに加入。当初はボストン・アメリカンズとういうチーム名でしたが、1908年に現在のチーム名になりました。
創設当初は強豪球団として名が通っており、ワールドシリーズが始まった1903年の初代王者となりました。1918年まで全てのワールドチャンピオンとなっていたレッドソックスですが、ベーブ・ルースを放出したことを境に優勝から大きく遠ざかってしまいました。
これをベーブ・ルースの愛称であった「バンビーノ」からとり「バンビーノの呪い」と呼ばれるようになりました。

ボストン・レッドソックス対ニューヨーク・ヤンキースは大人気試合

全米では一番の熱狂的ファンを持つと言われているニューヨーク・ヤンキースは同地区でもあり、深い因縁があります。ベーブ・ルースが移籍してからはア・リーグの頂点に君臨し続けるヤンキースにレッドソックスは強い敵対心を持っていました。
そんなレッドソックスの本拠地は現在の球場では最も古い球場であり、面積も広くないため観客席も少ないのです。レッドソックスの人気と相反して観客席が少ないため、常にチケットは入手困難な状態です。
それがヤンキースとの試合になると大人気カードとなり、チケットもプレミアがつくほどの勢いだそうです。フェンウェイ・パークは820試合連続チケット完売記録を持っています。

おすすめの記事