「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セントルイス・カージナルス優勝の歴史と優勝パレード・祝賀会

2016 9/2 12:22
カージナルス 球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

セントルイス・カージナルスの黄金期を作ったヒーロー

初のワールドチャンピオンに輝いた1926年以降、カージナルスは常勝軍団としての階段をさらに登り続けます。27年にホーンスビーとトレードでやってきたフランキー・フリッシュ(ニューヨーク・ジャイアンツ、現サンフランシスコ・ジャイアンツ)が盗塁王とMVPの活躍を見せるなどして31年にアスレチックスを破り2度目の世界一に。
34年にはエースとして台頭したディジー・ディーンが30勝でMVPとなり、弟のポールとともに活躍。デトロイト・タイガースを破り、3度目のチャンピオンとなりました。その後も42、44、46年とワールドシリーズを制覇。チームは黄金期を迎えました。

セントルイス・カージナルスのファンは最高の野球ファン

セントルイスは、全米で一番の野球の街と言われています。セントルイスの市民は、バスケット、アメフト、ホッケーといった他の米のメジャースポーツには目もくれず、市民のほとんどがカージナルスのファン。
「セントルイスのファンこそ、最高の野球ファン」と、野球関係者は口をそろえて言うほどの熱狂ぶりを見せています。
1964年にヤンキースを破って18年ぶりのチャンピオンに輝いた瞬間は、興奮した多くのファンがスタジアム内に入ってチームを祝福する様子が残っており、チームへの愛情の高さがうかがえます。

おすすめの記事