「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知ってた?野球通がドヤ顔で使う用語集

2018 3/14 09:59青木スラッガー
スーツ,男性,ドヤ顔,野球用語解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

通なら知っている横文字野球用語

今年2018年は大谷翔平(エンゼルス)がついに長年の夢であった大リーグ挑戦を実現させる。日本球界のスーパースターである彼がアメリカ球界に移ることで、今年は日本の野球ファンから大リーグの注目度が相当に高いシーズンとなる。大谷をきっかけに、これから大リーグ観戦にハマる野球ファンの方も増えてくるかもしれない。

そこで、今回はそんなMLB観戦初心者の方のために「MLB通なら知っている横文字野球用語」をピックアップする。マニアックなアメリカの野球用語は数え切れないほどあるが、その中から、ある程度は日本でも知られていて、かつ観戦中のトークで使いやすい「打球に関する横文字野球用語」を3つ集めてみた。

マニアック度★「テキサスヒット(Texas hit)」

まず1つ目は、ニュース記事やテレビ中継でもよく使われ、日本球界にも浸透している「テキサスヒット(Texas hit)」。フラフラと上がった打球が、内野手と外野手の間にポトリと落ちる当たりそこないのヒットを指すものだ。

いわゆる「ポテンヒット」である。由来は定かではないが、その昔「テキサスリーグ」というマイナーリーグ出身の大リーガーに、ポテンヒットばかりを打つ選手が多かったためという説が有力だ。「テキサスリーガーズ・ヒット」という呼び方もあるから、おそらくこの説は正しいだろう。

「当たりそこない」という言葉を使ったが、詰まりながらもテクニックやパワーで野手の間に狙って打球を落とすのは高度な打撃技術。日米通算4358本(2017年シーズン終了時点)もの安打を積み重ねたイチローの得意技である。由来はどうあれ、「ポテンヒット」よりも「テキサスヒット」の方がなんとなく良いヒットのような気がするし、どんどん使っていくことをおすすめしたい。

ただ注意点がひとつ。詰まったり引っかけたりして、ボテボテと転がったゴロが内野手の間を抜けていくヒットもある。これを「テキサスヒット」と呼ぶのは正しくない。「コースヒット」と呼ぶのが適切なので、この違いはおさえておこう。

おすすめの記事